僕の平成オナペット史

少年からおっさんに至るまでの僕の性欲を満たしてくれた、平成期のオナペットを振り返る

DVDからダウンロードへ

 二〇〇八年以降、僕は経済的余裕のなさで新品のイメージビデオ(IV)をほとんど買わなくなった。一二年七月に大竹愛子の「哀愁シネマ」を買ったのが最後だ。僕は大竹のデビュー作「NEW KISS」が欲しかったが、発売当時は生活に窮していたため手を出せなかった。六作目となる「哀愁シネマ」は、プロとしてすっかり性的露出に慣れてしまい、何の恥じらいも感じられない大竹の演技に、僕は激しく落胆したと同時に、やはりデビュー作を買っておけばよかったとほぞを噛んだ。
 DMM.com(以下DMM)がグラビアアイドルの動画配信を行っているのを知ったのはその年で、写真集からIVへとシフトし始めた〇五年と同様、僕の自慰用素材が記録媒体から動画配信に替わる節目の年だった。旧作なら約千円で買える安さと、運営会社が経営破綻さえしなければ無期限でダウンロードを繰り返せる便利さに、四千円近くもするIVをわざわざ買う必要はなくなった。買い替えたノートパソコンがディスクドライブ非搭載だったのも、DVDからダウンロードへの移行を急がせた。
 一二年九月、アカウント登録して初めて購入したのが、りょうかの「Angel Kiss ~初めての夏~」だ。りょうかはお菓子系の雰囲気を醸し出した美少女で、僕はその作品のサンプル画像だけで射精してしまうほど、彼女の虜となった。体操着の上下をたくし上げ、ビキニを露出するジャケット写真に興奮しないはずがなく、僕はそのチャプターとピンクのワンピース水着のチャプターで昂る性欲を発散した。もし三十歳前後にりょうかと邂逅できたなら、週末は一日四、五回自慰にいそしんでいただろう。
 十五歳でデビューしたりょうかは、人工的で不自然に垢抜けることなく、そこらへんにいそうな素朴で健康的な佇まいを保ちながら、いくつかの作品を残した。今では検索エンジンで「りょうか」と入力しても、彼女のグラビアイドルとしての活動の痕跡はオークションサイトに出品されているIVのジャケットでしか窺い知ることができない。僕は「Angel Kiss 」のほかにも、「ほいっぷくりーむ」と「りょうか色」を視聴した覚えがあるが、ウィキペディアにもりょうかのページがないので、各作品の発売年月が把握できない。
 りょうかの活動当時の動画は、今でもYoutubeの所属プロダクション(マイカンパニー)のチャンネルで見られる。デビュー作のIVを発表して十年経ったにもかかわらず、それを告知する動画がウェブ上に残っているのを、果たして当の本人は知っているのだろうか。すでに芸能界から足を洗っているであろう元グラビアアイドルの過去の動画が、違法アップロードではなく、元所属先の公式動画として現在進行形のタレント志望の生ぬるい動画と一緒くたにされるのは、十五歳から人前で水着姿になって芸能活動をしてきたりょうかに、あまりにも失礼ではないかと思う。

スクール水着の理想形現る

 二〇〇八年四月。
 会社を辞め、親会社の社宅を追われた僕は、なけなしの家財道具を実家に送り、しばらく各地を転々とすることになった。収入は途絶え、貯金を取り崩す生活の始まりだったが、不思議と危機感はなかった。ただ、勤め人でなくなった以上、余計に自らを律さなければならなくなり、その一環としてグラビアアイドルのイメージビデオ(IV)の購入を自粛し、保有していたいくつかの作品もすべて処分した。挿入部が裂開したオナホールも無用の長物となり、人通りの少ない夜のごみ集積場にそっと置き去ったのを、今でも鮮明に覚えている。それっきり、僕の自慰手段は今日までオナホールではなく、もっぱら利き手に頼っている。
 IVを処分したことで、この年の自慰回数は前年に比べて激減した。二週間も間隔が空くのもざらで、性欲が高まってどうしようもないときは、漫画誌が運営するグラビアアイドルの専用サイトで月額料金を支払い、週替わりのコンテンツを自慰用の素材とした。外岡えりかと紗綾でお世話になったのを覚えているが、動画に慣れてしまった僕にとって、彼女たちの画像はほんの手慰めにすぎなかった。
 久しぶりに買ったIVの新作は、中山怜香のデビュー作「ピーチ!コレクション」だ。時間つぶしで立ち寄ったセルビデオ店の棚に並べてあったのを見て、ロリ巨乳系の逸材として買わずにいられなくなったからだ。そのときはたまたま実家に戻っていたが、一刻も早く中山を素材に用いたくなり、隣の部屋で両親が寝入っている間にDVDをノートパソコンのディスクドライブに挿入し、胸の立体感がはっきりわかるスクール水着姿で横になってくねくね動く彼女を眺めながら、ひたすらペニスをしごいて射精に導いた。出戻りの身でありながら、実家の自室で自慰するのは自らの不甲斐なさと家族への申し訳なさが先立ったが、昂る性欲に抗うことができなかった。
 中学三年の頃に高橋由美子スクール水着姿のグラビアに衝撃を受けて以来、僕はスクール水着に対するフェティシズムを持ち続けているが、中山のデビュー作でのチャプターは。これまで用いてきた素材の中ではかなり強く印象に残っているほど、僕にとって理想のスクール水着姿だった。素人っぽさを残しながら、それでいていやらしい体つきで不器用にポージングするグラビアアイドルに対し、性欲が昂らないわけがない。二作目の「ピュア・スマイル」も変に垢抜けてなく、台所でのビキニ姿のチャプターを何度も使わせてもらった。
 中山は後にRayとして約五年間、アニソン歌手として活動した。すでに引退しているようだが、ウェブ上に残っているSNSやブログではいっさいグラビアアイドルとしての経歴が記されていない。グラビアが歌手になるための腰掛け仕事だったのかもしれないが、前歴を大っぴらに明かせないところに、当時の高校生世代のグラビアがモデル自身に過度な性的露出を求められていたのが窺える。それは3号ポルノ市場に自主審査機関がなかった弊害と言えよう。

「性欲を興奮させまたは刺激するもの」とは

 僕は中学生の頃から今日に至るまで、高校生世代のグラビアアイドルを自慰用の素材としている。当時十五歳だった高橋由美子の幼さを残しながらも、成熟への過程を辿る水着姿に衝撃を受けて以来、素人っぽさの残る少女の画像や動画をひたすら求めては昂る性欲を発散させた。彼女たちの中で、高橋のように歌手や女優、タレントとして芸能界に名を残したのはごくわずかで、ほとんどはグラビアの域から抜け出せずに、ひっそりと引退していった。
 僕はグラビアアイドルとしてデビューする少女たちを、もっぱら自慰の対象としてでしか見ておらず、よほどの逸材でないかぎり、飽きるのも早かった。しかも、二〇〇〇年代は3号ポルノ作品に対する逆風も吹いてなく、次々と新人が現れてくるので、彼女たちの二作目、三作目を買うよりも、まだモデル自身が垢抜けていないデビュー作が気になってしかたなく、それも十五歳ぐらいから活動してくれるのが理想的だった。
 〇八年一月に三作目のイメージビデオ(IV)「aika15」を発表したあいかには、彼女が十五歳からグラビアの仕事を始めたようだったので、長い間お世話になった。前作の「ミスマガジン2007」に加え、次作の「Angel Kiss ~あいかもね~」と次々作「あい果実」と、一人のグラビアイドルに対して四作品も視聴したのは、あいかが初めてで、それだけ僕は彼女の肢体を堪能した。
 高校生世代のあいかが、布面積の小さい水着を着てたわわな胸を揺らしながら、海岸で戯れるチャプターは、今日ではおそらく児童ポルノ法の「性欲を興奮させまたは刺激するもの」とみなされるだろう。しかし、どの作品も彼女は楽しそうに撮影に臨んでいるように見え、それが女優へのステップだと割り切って我慢を強いられていたとしても、人権団体が声高に主張する性的搾取にまでは及んでいないと思う。3号ポルノを十把一からげに規制対象にしてしまい、供給側である出版社や映像制作会社がそれに抗わなかったことが、消費者である僕たちにとっての不幸だ。
 確かに、3号ポルノの商業作品は僕を含めてほとんどの消費者が自慰目的で購入するはずで、「性の商品化」の一面は拭えないが、「性欲を興奮させまたは刺激するもの」という基準は各人によって異なる。僕はあいかのビキニ姿やレオタード姿で幾度となく性欲を発散したが、ジュニアアイドルのTバックなどには興味がないし、その界隈ではレジェンドと称されている椎名もも牧原あゆを一度も素材として用いたことがない。モデルの低年齢化と過度な性的露出が、高校生世代にもとばっちりを受け、今や十八歳以下のIVや写真集は大っぴらに発表できなくなっている。
 高校生世代のアイドルがグラビアを披露できなくなったのは、七〇年代後半から続いてきた娯楽の喪失をも意味する。僕はジュニアアイドルで過度な性的露出に荷担した演者の家族と制作スタッフに憤りを感じるとともに、高橋やあいかなど今までお世話になった健康的なエロチシズムを醸し出す少女たちにお目にかかるのが極めて難しくなっていることを残念に思う。

二〇〇七年のロリ巨乳系④~梶浦愛子編~

 十八歳未満の高校生世代が、令和の時代においてグラビアアイドルとしてデビューするのは極めてめずらしい。児童ポルノ法改正に伴い、いわゆる3号ポルノ作品の制作や販売を控える動きが広がり、新作のイメージビデオ(IV)は二十歳を過ぎた、どれも似たような人工的な容姿のモデルばかりだ。3号ポルノへの風当たりが強くなった要因は、モデルの低年齢化と過度な性的露出で、陰毛も生え揃っていないような少女にTバックを履かせたり、下着よりも布面積の小さい水着を着させたりするのは、一消費者として明らかに度を越していると、僕は市場の先行きを危惧した。それにもかかわらず、弱小の制作会社と芸能プロダクションが目先の利益を追求するあまり、人権団体に目をつけられ、ネット通販大手も右へならえで手を引いてしまった。
 業界全体が3号ポルノの制作に及び腰になっているから、そこらへんにいるような素人っぽさの残る少女による水着姿の動画作品は、彩文館出版系列のエスデジタルが年に二、三作品発表する程度にまで衰退しているが、二〇〇年代は飽和状態だった。〇七年十月にデビュー作のIV「愛子のエクボ」を発表した梶浦愛子は、この年を締めくくるのにふさわしいロリ巨乳系のオナペットとして、僕の下半身を絶えず慰めてくれた。
 梶浦は撮影当時十六歳で、浅黒い健康的な肌とビキニからあふれんばかりの乳房に、僕は性的想像力を膨らませた。田舎の海水浴場で友達と一緒にたむろしていそうな胸の大きい少女が、いろいろな水着を着て不慣れながらも性的興奮を煽るポーズを見せてくれるのが、たまらなくうれしかったと同時に、インタビューでの自己肯定感の低さから、かつてお世話になったオナペット同様、メジャーへの階段を一、二段上がっただけで芸能界から去っていくのが容易に想像できた。
 しかし、たとえメジャーになれるモデルでなくても、高校生世代の少女が惜しみなく水着姿になって胸の立体感を強調してくれるのは、約四千円もするIVの対価であって、僕はその元を取るためにひたすら梶浦を汚した。元が取れずに買ってすぐ古書店送りとなった実用性の低いIVを思えば、梶浦のデビュー作はそんな浪費を帳消しにしてくれるほど満足度が高く、繰り返し性欲処理に用いさせてもらった。
 3号ポルノの飽和状態は、かつてのお菓子系雑誌の乱立に似た現象だが、あのときはモデルが素人で、おそらくアルバイト感覚で出版社に出入りし、短期間でグラビアから去っていった。梶浦が十年早く生まれていたら、お菓子系の域に留まっていたはずで、IVを三作品も発表できなかっただろう。そう考えると、新興の芸能プロダクションによる高校生世代のまだ垢抜けていないモデルの囲い込みは、グラビアへの供給源として3号ポルノの市場拡大に寄与した半面、小中学生にも過度な露出を求めたために性的搾取と糾弾されたあげく、高校生世代も割を食らってしまった。消費者である僕たちには何の落ち度もなく、3号ポルノの制作に携わる人々が自縄自縛に陥っただけだ。

メジャーでなくてもいいじゃないか

 グラビアアイドルとしてのメジャー基準は、と考えると、地上波の大物芸能人にいじられて定期的に番組で使ってもらえるかどうかだと思う。むろん、その枠はかぎられているので、彼女たちは椅子取りゲームに勝ち続けなければならず、芸能界への執着心の強さも求められる。清純や天然を売りにしていても、それだけで世渡りできるほど甘くないのは明らかで、ライバルを蹴落とそうとする女子特有の陰湿なマウント合戦が繰り広げられているのが容易に想像できる。
 メジャー途上のグラビアアイドルはというと、需要があるかぎり仕事を続けるか、所属プロダクションとの契約満了で人知れず引退していくか、のどちらかになる。女優や歌手の道に進めるのはほんの一握りなのに、それらを目指してグラビアから芸能活動を始めるモデルが全国から集まってくるから、十八歳未満のいわゆる3号ポルノ市場は一時飽和状態となり、僕もその恩恵にあずかった。
 メジャーになりきれず、しかもグラビアの仕事をリタイアしているのに、所属プロダクションに籍を置いて芸能活動を続けているのは極めてまれだと思う。例えば、二〇〇七年に僕がお世話になった美少女系オナペットの一人、渡辺未優は今日においても自身のブログを更新している。本稿を書くにあたり、ウィキペディアで渡辺のこれまでの芸能活動を調べたうえで、リンク先の公式ブログにアクセスした。「どうせ何年も未更新だろう」と思いきや、渡辺が現在、香港で生活していることを知った。現地でモデルとしての活動を続けているようだ。
 僕の知っている渡辺は、〇七年八月に発売されたイメージビデオ「JumP」だけだが、ロリ巨乳系の範疇といってもいいくらい、当時十六歳とは思えぬ胸の大きい美少女で、チャイナドレスでもはっきりそれが強調され、僕の性欲を大いに昂らせた。中学生の頃に岩手から出てきてグラビアの仕事を続けているのが妙に印象的で、僕は彼女を汚しながら、「メジャーになるのは難しいだろうな」と偉そうに評していた。
 渡辺はその後、遊戯機メーカーのイメージキャラクターを務めたが、それが彼女のキャリアハイで、グラビアも二十三歳で足を洗った。中学生で芸能界入りしても、地上波の視聴者層で渡辺の顔と名前を知っているのがほとんどいないと思われるのは、彼女のタレントとしての活動範囲がかぎられているからで、それでもグラビアの仕事を九年間続けられたのは立派だと思う。メディアの多様化が進む中で、メジャーにならなくても息長く芸能活動が続けられる選択肢と言えよう。
 誰もがメジャーになるために生き急ぐ必要はなく、グラビアの仕事が行き詰まっても地道に芸能活動が続けられるかどうかの人生設計を描き、それに周囲が理解を示してくれれば、僕がお世話になった幾多の元グラビアアイドルたちも引退に追い込まれずに済んだのではないか。HSBCの交通広告モデルに採用されたことを報告する渡辺のブログに目を通しながら、つくづくそう思う。

二〇〇七年のロリ巨乳系③~鮎川のどか編~

 二〇〇七年当時は、メジャーになりきれていない無名のグラビアアイドルでも、デビュー作品として写真集とイメージビデオ(IV)が発表できるほど、業界全体の懐が広かった。同時製作ゆえに撮影時の衣装はまったく同じだが、IVはモデルに動きが加わるので、それを見る側の興奮の度合いも高くなっていった。僕が写真集で自慰することがもったいないと感じたのは、ちょうどその頃からで、アイドル写真集のカテゴリーリーダーとも言える彩文館出版が、写真集と映像作品を併せて販売したことが、写真集離れをいっそう加速させた。
 僕が彩文館出版の新作写真集を最後に買ったのはいつで、誰のだったのかと振り返ると、〇七年九月に発表された鮎川のどかの「多感期」のはずだ。成熟した健康的な肢体と、それでいて垢抜けていない鮎川の恥じらいとぎこちなさに満ちた表情の数々に、僕は何度も性的興奮を昂らせ、射精を捗らせた。デビュー作らしい典型的な仕上がりで、写真集だけでは飽き足りず、IV「nonnon」も購入するほど鮎川にはお世話になった。かつての佐藤寛子を思い出させるほどの素朴な佇まいが、僕の性欲のツボにはまった。
 佐藤が後にメジャーへの階段を駆け上がっていったのに対して、鮎川のグラビアアイドルとしての作品は「多感期」と「nonnon」のみで、次作が発売されることはなかった。後年、ネットサーフィンでたまたま辿り着いた演劇関係者のブログにて、鮎川がその道に進んでいるとの消息を知ったが、今日では検索エンジンで彼女の名前で検索しても、デビュー作を紹介している通販業者のウェブサイトしか見当たらず、彼女が今どこで何をしているのかなど、知るよしもない。
 SNSで誰もが自由に情報発信できるようになったとはいえ、僕がかつてお世話になった元グラビアアイドルはネット上に現われてこない。十代の頃は芸能界入りを目指したのだから、人並み以上に自己顕示欲が強かったはずなのに、足を洗ってからは沈黙を続けている。もしかすると、まったく別の名前で内輪だけに日々の出来事などを発信しているのかもしれないが、僕はそれを探しあてるほどのストーカー気質を持ち合わせていない。
 どんな仕事も人によって向き不向きがあるのと同様、人前で水着姿になって性的アピールを売りにするグラビアの仕事も、長続きするモデルもいれば、一発屋のモデルもいる。鮎川はまさに後者で、プロに徹しきれなかった。高校生世代で胸の大きいグラビアアイドルが次々にデビューしてくる時代だったゆえに、鮎川は余人をもって代えがたい存在ではなかった。しかし、それは鮎川にかぎらず、彼女と同じ〇七年にデビューした西田麻衣にも同じことが言えるわけで、両者の違いはグラビアという芸能界の末端にしがみつき、時には自分の体の一部を加工したり、大物芸能人に取り入ったりするなど体を張った処世術に長けているかどうかだ。
 残念ながら鮎川にそのような能力はなかったようだが、たとえ世間一般からの認知度が皆無だったにせよ、僕は決して彼女を忘れることはないし、こうして記憶に残るオナペットとしてネットの片隅に書きとどめておきたい。後世に伝えたい平成期のグラビアアイドルの一人であるというのも、決して過言ではない。

小さくなっていく布面積

 富樫あずさ以外に二〇〇七年の美少女系オナペットを振り返ると、秦みずほ(現・秦瑞穂)を思い出す。厳密に言えば、前年に発表したデビュー作のイメージビデオ(IV)「檸檬‐レモン‐」からの付き合いで、同時期のロリ巨乳系に比べて性的アピールが少なく、決め手を欠いてはいたものの、細身の体型のわりには胸の立体感が目を惹き、布面積の小さいビキニ姿も披露。美少女でありながら巨乳的要素も併せ持つ逸材として、僕の股間を熱くさせてくれた。
 僕がお世話になった作品は、IVの一作目と二作目「colour field」で、〇七年八月に彩文館出版から一作目の写真集も発表されたが、それを買ったかどうか覚えていない。IVはどの作品とも高校生世代である秦の健康的な少女のイメージと、それでいて大人への背伸びとも言える不慣れな色気を漂わせ、僕の性的想像力を高めさせてくれた。下着よりも布面積が小さいであろうビキニを着ても、それに臆することなく十代の自然な姿を見せてくれた。
 最も印象に残っているのは、二作目のおそらく最後のチャプターで、秦が制服姿で誰もいない教室に入り、カメラ目線でおもむろに制服を脱ぎ、ビキニ姿になってくれるシーンだ。机に横たわり、学校内での性交を連想させるような動きに、僕はペニスへの刺激をいっそう強めた。ひとしきりビキニ姿でいやらしく動いた秦は、再び制服を着て教室から出ていくのが、これまで見てきたIVにはない演出だった。
 その頃は、アマゾンで江崎まり新島弥生ら九〇年代のアイドル写真集を中古で手に入れ、昔お世話になったオナペットと再会したが、彼女たちの水着の布面積が大きく、肌露出のガードが堅いことに気づき、かつての性的興奮を取り戻すのに苦労した。それもそのはずで、江崎も新島も歌手が本業のアイドルゆえ、グラビアに過度の演出は必要とされていなかった。しかし、〇〇年代に入ると高校生世代の少女が次々とグラビアデビューを飾り、本人たちの芸能界への憧れと、彼女らで一山当てようと目論む大人たちの商業主義が交差して、人前では着るのを憚りそうなビキニを纏い、煽情的なポーズを撮らされる。秦もその一人だったはずだ。
 十代の頃にむちゃくちゃ興奮させてくれた江崎や新島らのグラビアで自慰が捗らず、数回用いただけで処分してしまったのは、そのときの秦ら高校生世代のグラビアに比べて明らかに刺激が足りなかったからで、僕自身も年々露出過度になっていく業界の演出基準に毒されてしまった。臀部を完全に覆ったパンツでは興奮しなくなり、年端もいかない少女に対して下着並みかそれ以上の肌の露出を求めた。今日では高校生世代が水着姿のグラビアを発表するのは非常にまれなのだから、秦らの世代と彼女たちの作品をリアルタイムで楽しめたのは幸運だったと思う。